段ボール箱2.jpg

ダンボールケースが出来るまで

ダンボール原紙を複数貼り合わせ、ダンボールシートを作ります。


トイレットペーパーを巨大化したようなダンボール原紙。表裏の紙(ライナ)とダンボールの特徴である、緩衝性を持たせる波状の中芯を貼り合せます。


シートに罫線を入れ、カットします。


ここでは、ケースの寸法に合わせてダンボールシートをカットし、罫線(折り目)を入れます。寸法はお望みどおりにカットします。段ボールケースの多くはオーダーメイドで、内容物に合わせた寸法設定をします。設計など不明な点はどんどんお問い合わせください。


出来上がったシートを製箱機に移動


出来上がったシートを、製箱機まで運びます。昔は人の手で運んでいたんです。
ダンボール工場の中で、一番重労働のしごとだったかも!?いや~、機械っていいですね~!


ダンボールシートをダンボールケースに


運ばれたダンボールシートが、あっという間にダンボールケースに!
1分間に150枚以上のスピードで、ダンボールケースに変身していきます。


出来上がったケースをパレットに


出来上がったケースをロボットがきれいにパレットに積んでいきます。
この工程も昔は手作業。いや~、機械って本当に便利ですね~!


大阪紙器工業株式会社
〒569-1142
大阪府高槻市宮田町1丁目3番2号
TEL:072-695-1111
FAX:072-693-1117
メールでのお問い合わせ